読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神楽ひかるのタロット&オラクル

主にタロットを中心に数秘術やオラクルカードも指南いたす!

タロットカードの運命の輪を3種類以上のカードを使って説明するブログ?!

かぐりん(@kagurahikaru)です!

 

すべてをしっかり記すことはしません。
断片的にしか記しませんのであしからず。
もっと知りたい方はご自身で調べてください。

 

「運命の輪」のカード
対応惑星は木星
数秘術は「1」番

ウエイト版を始まり「1」とします。
タロットの起源って不明なんですよ。
それを調べるのは学者や研究者でいいんです。
カードを使って占う実践者にはどっちでもいいと思ってます。
それゆえ、
ゴールデンドーンのアーサー・E・ウエイトが作成した、
「ウエイト」版とか「ライダー」版と呼ばれるこのカードを始まりの「1」とします。
ウエイト版以前のカードはすべて個人的には「0」のカードとして、
研究したければすればいいし、使いたければ使えばいいじゃない!
と、
言うスタンスです!
個人的にはマルセイユ版とか使いますしね。

 

ウエイト版で注目するのは、
「人がいないこと」が1番重要かな?
はい、
色々と描かれていますね。
アヌビス神とか四大を表した羽ある動物とか。
それらはそこまで重要ではない。
重要なのは人がいない!
ウエイト版ではほとんどのカードに人が描かれています!
が、
この運命の輪と月、
小アルカナでは各Aは例外で、
ワンドの8番とソードの3番になります!
これ、
「タロットでも占えないことがあります!」
と、
これらのカードはなんとなくは読めても、
きちんとは占えないことなんです!
と、
言うある意味でギブアップのカードなんです!
個人的には、
ここにウエイト版のおもしろさがあると思ってます!

 

カモワン版はそんな「0」にあったマルセイユ版の系統ですが、
カモワン家によって復活を果たした他のタロットとは一線を画すタロットです!
スプレッドも解釈もまったく違った使い方をするので自己流での習得は難しいでしょう。

カモワン版で注目するのは、
「ハンドル」ですかね?
ウエイト版と同じように人が描かれていませんが、
カモワン版はそういった解釈はしません。
目線はなしの真正面って説もありますが、
この運命の輪に取り付けられているハンドルですか?
これ、
回せるらしいですよ右側。
ゆえに、
目線はないとしてますが右の未来に置いても良いそうです!

 

和尚禅(おしょうぜん)版は、
タロットと明記されてますがオラクルカードです。
なにしろ、
正位置も逆位置もなく好品位も悪品位もありません。
タロットからオラクルへ、
オラクルからタロットへつなぐ橋渡しをする位置づけで使ってますね。
なんとなく、
オラクルなんで1枚引き(ワンオラクル)に向いていると思います。

和尚禅(おしょうぜん)版で注目するのは、
「陰陽のマークと」「稲光」ですかね!
陰陽は相反するものが絡み合う様で、
稲光は神のパワーですよ!
タイトルがCHANGE(変化)ですから、
止まっちゃアカン!
単体ではなく混合で戦えって感じですね!

正位置や逆位置、
好品位に悪品位の両方を取って神楽流では解釈するので、
U(正位置)とかR(逆位置)ではなく、
P(ポジティブ)
L(ライト)
B(ベース)
S(シャドウ)
N(ネガティブ)
と、
カテゴリーします。
正位置と逆位置は意味の正反もですが「過不足」を重要視し、
品位は目分量(笑)です!
ちなみに、
僕が占うときは全部正位置で解釈しますが、
逆位置も使います!
どうやって使うかはここでは内緒です。

 

恋愛運とか書くと、
片思いと両想いで違うし、
誰にも気持ちがない人と解釈を分けて書くのが面倒だし、
仕事運とか書くと、
就職や転職も含めて面倒ですし、
仕事運と言いつつ結局は人間関係運になったりするので解説を書くのが面倒なので、
わかりやすく(?)
「気持ち」と「行動」とカテゴリーしました。

 

「気持ち」
P・整っている
L・落ち着いている
B・普通
S・ざわざわしている
N・カオス

コントロール不可のカードなんで、
コントロールできない気持ちということを念頭に置いて解釈してください!

 

「行動」
P・ちゃんと目指してるところに着ける、着けなくても結果に満足できる
L・方向があってればOK!
B・受け身でいるが舵は取ろうとすること
S・テンパる!
N・あべこべ

舵は取ろうとしないと、
どこへ流されてしまうかわからないので、
意識はすること!

気持ちも行動も、
基本的にはPLならば上手くいくと楽観しててOKですが、
SNでしたら警戒はしましょう!

連想力がないと最初はカードの解釈は難しいと思います。
そこを、
直感とか直観って言葉に依存して適当にやってるとまともな解釈ができません。
霊感ある占い師で、
霊感に頼ってるとたまにチカラが発揮できなくなる占い師さんっているんですよ。
直感や直観も同じで、
一定のチカラを発揮しづけることができない占い師さんがいます。
ちゃんと、
習得した連想力から身に着けていった技術としての解釈でカードが読めれば、
そこまで大きな上下をせずにある程度は一定のチカラを発揮できると思います。
ある程度ってのは、
やっぱり健康的に風邪を引いていたり体調が悪いときは通常のチカラを発揮するのは困難です。
霊感や直観の占い師さんもそうでしょうけどね。
そして、
連想力から「選択」が重要になります。
入門書なんかを広げれば、
キーワードがいくつも書いてあると思いますが、
どのキーワードを選んで解釈すればいいかわかりにくくないですか?
そこは、
企業秘密です笑
口伝!
授業を受けてくださればわかるかな?

 

更新します!
なにしろカードを追加する予定もあるし、
リクエストがあれば内容も増やします!
最終更新日を何度かチェックしてくださいね。
違いを楽しんでください!

更新日2016年12月31日