かぐりんの秘密のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」のタロットカードやオラクルカードの扱いをメインに書いているブログ。

タロットカードのソードの3番の意味を初心者向けに解説します@占い師の神楽(かぐりん)

読書感想文のブログがこちらで、
趣味についてのブログがこちらです!
よかったら上記のブログも読んでね!

かぐりん(@kagurahikaru)ソードの3番に違和感を覚える。

 

すべてをしっかり記すことはしません。
断片的にしか記しませんのであしからず。
もっと知りたい方はご自身で調べてくださいというか、
習いに来てね!

 

「ソードの3番」のカード
属性は風で数秘術は3ですね!

 

ウエイト版を始まりの「1」とし、
功績ある部分としてナンバーカードに絵柄がついたことが1番大きいようですね。
今発売されてるカードはほとんどがナンバーカードにも絵柄がありますが、
ウエイト版以前はなかったのが一般的でした。


解釈のキーポイントとして、
ワンドは火で直感で牡羊座と獅子座と射手座ですね。
カップは水で感情で蟹座と蠍座魚座ですね。
ソードは風で思考で双子座と天秤座と水瓶座ですね。
ペンタクルスは土で感覚で牡牛座と乙女座と山羊座ですね。 

T0211 日本語解説小冊子付【ライダータロット スタンダード】

T0211 日本語解説小冊子付【ライダータロット スタンダード】

 

ウエイト版で注目するのは人がいない!
大アルカナも小アルカナも、
人が描かれていないウエイト版は、
占ってもらってる人に選択権がないことを示します!
さらに、
ハートに剣が刺さってるシンボルは聖母マリアを示してたりするので、
一概に、
このカードを良い悪いで判断しないようにね!


解釈するときに、
カップの3って土星支配下にあります!
忍耐や制限って言葉を思い浮かべて解釈してください。

 

なんだか巷では、
78枚フルセットで占うのは普通と言われてますが、
占う内容に応じて大アルカナのみの使用、
コートカードだけの使用、
ナンバーカードだけの使用、
小アルカナだけの使用と分けてもまったく問題ありません! 

 

【カモワン家の秘伝タロット】カモワンタロット(カードのみ)

【カモワン家の秘伝タロット】カモワンタロット(カードのみ)

 

カモワン版はそんな「0」にあったマルセイユ版の系統で、
ナンバーカードに絵柄は存在しません!
ただ、
大アルカナが影響を及ぼしております!
3のカードは、
3番の女帝と12番の吊るされた男と21番の世界ですね!

 

カモワン版で注目するのは特になし!
しっかり、
女帝と吊るされた男と世界のカードを復習しましょう!

 和尚禅(おしょうぜん)版は、
タロットと明記されてますがオラクルカードです。
なにしろ、
正位置も逆位置もなく好品位も悪品位もありません。
タロットからオラクルへ、
ラクルからタロットへつなぐ橋渡しをする位置づけで使ってますね。
なんとなく、
ラクルなんで1枚引き(ワンオラクル)に向いていると思います。

 

和尚禅(おしょうぜん)版で注目するの虹の涙。。。
タイトルは「ICE-OLATION」で何が氷解してるのかな?かな?
泣くことも大切。

メディバルスカピーニ・タロット【日本語冊子付】

メディバルスカピーニ・タロット【日本語冊子付】

 

 ウエイト版をマスターして、
プロの現場でウエイト版を使うって止めたほうがいいと言われ、
プロになって初めてプロ用として買ったのがスカピーニでした。
完全にデザイン重視!
でも、
なかなかな解説書が売られていたので使い勝手はよかった。
その解説書と関連させて、
伝統的なタロットに使われてるキーワードの紹介と、
かぐりん的なコメントにを合わせて解説してみます!

 

【キーワード解説】
「散乱」
基本は土星対応なんで。。。

「不安定な心」
基本的に土星対応ですからね。。。
しかも、
心はカップの領域。
ソードはマインド!精神!思考!

「他人の恋人を盗む」
これはソードの7番かな?かな?

BICYCLE (バイスクル) トランプ Expert Back エキスパートバック (Green 緑)

BICYCLE (バイスクル) トランプ Expert Back エキスパートバック (Green 緑)

 

 正位置や逆位置、
好品位に悪品位の両方を取って神楽流では解釈するので、
U(正位置)とかR(逆位置)ではなく、
P(ポジティブ)
L(ライト)
B(ベース)
S(シャドウ)
N(ネガティブ)
と、
カテゴリーします。
正位置と逆位置は意味の正反もですが「過不足」を重要視し、
品位は目分量(笑)です!
ちなみに、
僕が占うときは全部正位置で解釈しますが、
逆位置も使います!
どうやって使うかはここでは内緒です。

 

恋愛運とか書くと、
片思いと両想いで違うし、
誰にも気持ちがない人と解釈を分けて書くのが面倒だし、
仕事運とか書くと、
就職や転職も含めて面倒ですし、
仕事運と言いつつ結局は人間関係運になったりするので解説を書くのが面倒なので、
わかりやすく(?)
「気持ち」と「行動」とカテゴリーしました。

 

「気持ち」
P・想いが届く
L・迷い
B・純真
S・信じて
N・裏切られる
表裏一体の解釈
 

「行動」
P・動きすぎてアウト
L・上手くいけばそこでストップ
B・動く
S・自分を知る
N・自分がわからなくなる。。。
彷徨う。。。

 

連想力がないと最初はカードの解釈は難しいと思います。
そこを、
直感とか直観って言葉に依存して適当にやってるとまともな解釈ができません。
霊感ある占い師で、
霊感に頼ってるとたまにチカラが発揮できなくなる占い師さんっているんですよ。
直感や直観も同じで、
一定のチカラを発揮しづけることができない占い師さんがいます。
ちゃんと、
習得した連想力から身に着けていった技術としての解釈でカードが読めれば、
そこまで大きな上下をせずにある程度は一定のチカラを発揮できると思います。
ある程度ってのは、
やっぱり健康的に風邪を引いていたり体調が悪いときは通常のチカラを発揮するのは困難です。
霊感や直観の占い師さんもそうでしょうけどね。
そして、
連想力から「選択」が重要になります。
入門書なんかを広げれば、
キーワードがいくつも書いてあると思いますが、
どのキーワードを選んで解釈すればいいかわかりにくくないですか?
そこは、
企業秘密でしたがちょっとだけスカピーニ版で解釈してます?

 

更新します!
なにしろカードを追加する予定もあるし、
リクエストがあれば内容も増やします!
最終更新日を何度かチェックしてくださいね。
違いを楽しんでください!

 

更新日2019年6月6日

良かったら読者になってください!