かぐりんの秘密のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」のタロットカードやオラクルカードの扱いをメインに書いているブログ。

ワンピースのルフィとナミの恋愛模様を数秘術とタロットとルノルマンで占ってみる!

読書感想文のブログがこちらで、
趣味についてのブログがこちらです!
よかったら上記のブログも読んでね!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村←1日1回クリックしないとお仕置きよ!

かぐりん(@kagurahikaru)的には成立して欲しくないカップリングですね。

 

【前書き】
有名人さんや芸能人さんを占ってリーディングのヒントにしたり、
解釈例としてブログに書いてましたが、
かぐりんが芸能界に疎いのと、
結局、
深いリーディングに達せないのであえての、
存在しない実在しない人を占って例題とすることにしました。
これはこれで役にたつのかな?
思いつつ書いてます。

 

【設定】
海円暦!
ノーランドの時に400年前ってでてきた!
1120年って。
つまり、
現在は1520年ですかね?
で、
行こうと思う。
現在の漫画ではそれから2年たってるのですが考慮して生まれ年を出します。


【データ】
ルフィは5月5日生まれ
登場したときは17歳だったんで、
海円暦1503年生まれって事で!
1503年の5月5日生まれ。
で、
ナミは海円1502暦7月3日生まれ
おっ?
ナミの方がお姉さんだったの?!

 【数秘術
ルフィ
未来1生命1過去5
ナミ
未来1生命9過去3
と、
なりましたぁー。

シンプルに、
数秘術は奇数は奇数同士、
偶数は偶数どうしだと単純に相性はいいです。
ルフィとナミは合ってるね!
1は個を尊重し、
9は全体を尊重します。
そんなところが違いかな?


【ルノルマン】
ルノルマンはじめてから使うようになりました。
あまり最初は必要を感じてなかったんですが、
占いは、
広いところから狭める方がかぐりんにはあっていると思ったので、
手相や数秘術をやって、
ルノルマンで広く浅くみてから、
タロットで深めるのが最近のスタンスです。

設定は全体的にざっくり占う感じです。
出会った当初と、
現状のワノ国編ですら大きく違ってると思うのでざっくり。


使ったのは「カモワンスプレッド」です!
で、
出たのは、
過去・
現在・R→子供
未来・稲妻R→

過去をこうやって設定しないと読みにくいことがあります。
設定大事!
で、
鎌はペンタクルスのナイトですから、
ナミからではなくあくまでルフィから歩み寄ってる感じがしますね。


現在は熊。
母性の熊なんですが、
そういえばルフィのお母さんって誰?
ナミっぽいのかな?
子供から始まる恋愛ですか?
タッチ?
幼馴染から!?
って、
あまり無いシチュエーションですね。。。
そう、
仲間とか同級生とかサークルメンバーとか、
なんらかの集団に属してて始まるのもこのカード。
つまりは、
2年前ではなく、
2年後の現状になってから恋心を自覚したのでは?
と、
なるとハンコックの存在がキーポイントかも!?
だって、
あれだけ惚れられちゃってるでしょう?
恋とか意識して、
今まで出会った中で誰が1番自分に近いのかなとか考えちゃって、
ナミがいた!
と、
自覚したと思うのよね。


未来は稲妻Rですね。
再会して元の仲間になって安心。
なにもかわらないように振舞ってたけど、
ナミですね。
だって猫だもん。
泥棒猫のナミさんですよ。
好きになったのはルフィからですが、
歩み寄りつつも告白したのはナミ!
ルフィ様は告白させたい!
って、
やつだったと思います!


そっかぁ。。。
パンクハザード編でナミの母性を見て惚れたんだ!
で、
また1回別れたじゃない?
ドレスローザの後。
いなくなったナミに寂しさを感じて、
ルフィと別れて寂しさを感じて、
ホールケーキアイランド編で結婚とかを意識して、
どっかで・・・。


【タロット】
タロットで見る必要ある?
今後の展開を!
と、
言う意味で軽く観てみますか。

使ったスプレッドは「フォーカード」です。
で、
出たのは、
1・現状・「愚者」・自由恋愛モード
2・未来・「ワンドのペイジR」・ナミから攻める!
3・本人・「ワンドの4番」・その場その場が楽しければなんでもいい!
4・将来・「ソードのクイーンR」・ナミから!
5・キーポイント・「戦車R」・勢い恋愛ではなくじっくり恋愛


言うなれば、
今までの恋愛はどっちかっていうとセックスな恋愛ですが、
これからの展開は愛!
もっと、
家族的な感じで付き合っていくのではないか?
高木さんというか、
西片家族みたいな感じ?
でも、
かぐりんはきっとルフィ死亡する説を推してるからなぁ。。。
わからん!

 

よかったら読者さんになってください!

 読んでくれてありがとうございました!